【子どもを亡くされた方に言ってはいけない言葉】

【子どもを亡くされた方に言ってはいけない言葉】というのがまとめられてます。どんな声かけをすればいいのか、周囲も戸惑うけれど、明らかに「言ってはいけない言葉」はありますね。

映画「うまれる」のブログの記事より

===========================================
1. 「元気出してね」、「がんばってね」、「しっかりしてね」

2. 「大丈夫そうだね」、「元気になったみたいだね」

3. 「もう忘れようよ」、「いつか乗り越えられるよ」

4. 「若いんだから(また産めばいいよ、すぐまた出来るよ)」、
「時間が忘れさせてくれるよ」

5. 「上の子(もしくは下の子)がいるじゃない」、
「亡くした子より、いま生きている子を大切にしなよ」、
「うちも最近ペットを亡くした」

6. 「なんで? どうして?」、「で、どう?」

7. 「分かるよ」

===========================================

 

「死の分野の中でも死産は特別なもの。思い出がない分悲しい」とグリーフケアのカウンセリングの先生が言っていました。

年功序列に逆らった子どもの死は親にとって悲しいもの、更に死産については特に話すことがタブーとされている、それに母親たちは傷ついているとのアンケート結果もでています。

まったくその件について触れられないと、まるで子どもがいなかったかのように感じて、本当にさびしい思いをします。【子どもを亡くされた方に言ってはいけない言葉】が「何も言わないのがいいという意味ではないことを理解して読んでほしい。

 

 

私は2番は死産直後に母から電話がかかってきて「良かった、元気そうで!」とテンション高めで言われたとき、電話に出たことを後悔しました。昔から確執があるので、無意識に人を苛立たせる性格はわかっていたものの、こんな時に話をしなくても良かったんです。油断しました。病院に行く!!!と張り切ってたので、それだけは阻止しました。

もうひとつはこれも直後に「今回のことは意味があるよ」と友達に言われ、ひどい違和感を覚えました。意味があるか、ないか、は振り返って5年、10年先、もっと先、もしくは死ぬとき、に自分で感じることで、今、どうして自分の子どもが死ななければいけないのか、なんの意味も感じませんでした。その友達は自分の初期流産の後にできた子どもをとっても愛おしく思えるのはその流産のおかげだった、と言っていた。無事に出産した子どもが居るから言えること・・・なのではないだろうか。それに過去2度の流産を経験しているので、すでに命の大切さはわかっているつもり、だからとっても傷ついた。

5番の「最近ペットを亡くした」というのに近いのが、6年前、私が父を亡くしたときのこと。父は59歳で、若くしてと惜しまれた。シングルファザー家庭の私には唯一の家族で、後追い自殺を考えるほど本当にショックだった。

そんな時、義母に「もしも自分の母が死んだら本当にショックだわ〜考えただけで悲しいもん」と言われたが、その例え、、今必要?「もしも」って何?おばーちゃん死んでないし。ってクエスチョンでいっぱいだった。義母はすでに60代、ばーちゃんは90歳。孫の顔を見ただけではなく孫の結婚式も出てるし、ひ孫もたくさん・・・そして長寿に分類され元気に生きている。私は父に孫を見せたいという一心で不妊治療をがむしゃらにやっていたのに願い叶わず、まだまだ父から教えてもらいたいことも、子育てのこつも、たっくさん話がしたかった。

 

人にかける言葉って難しいですね。私たちは、すべてのことを経験はできません。寄り添うって相手の立場を想像するってことですね。

ブログ村で赤ちゃん待ち仲間を探そう!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

死産した方のサポート MINTBABY MINTBABYプロフ

 

妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー

  4 comments for “【子どもを亡くされた方に言ってはいけない言葉】

  1. 匿名
    2014年10月3日 at 16:41

    はじめまして。
    流産も不妊治療も経験している者です。失礼を承知で、あなたがそういう意味でブログに書いたのではないと分かっているのですが、どうしてもつらい気持ちになるのでコメントさせていただきます。

    言ってはいけない言葉で、うちも最近ペットをなくした。と、ありますが、私達夫婦は犬を飼い、子供でなくとも家族です。
    育てることの感動と、家族が増えた幸せ、夫婦の会話も増え、辛い辛い不妊の中で、本当に欠かせない存在となっています。犬がいなければ、ここまでやってこれなかったと思います。

    それでも、周りから、子供と犬は違うと思われることも分かっているので、犬のことを周りに語ることもなく、子供の話を聞いても、自分から犬の話をすることはありません。

    ひっそりと生きています。

    感じることは人それぞれだと思います。

    全部わかっています。

    それでも、辛いんです。

    何も言わずに過ごしているのに、その文章を見ると辛くなります。

    でも、辛いのはその部分だけ。

    この文章を許してください。

  2. hibiki
    2014年10月3日 at 19:51

    せっかくコメントいただいたのですが、この「子どもを亡くされた方に言ってはいけない言葉」はブログにも書いてますが、映画「うまれる」のブログ記事からの引用です〜ごめんね!詳しくはそちらのブログ見てみて下さい、色々と説明も書いてますから、もしかしたらそれを読んだら納得するかもしれませんね。

    私が思うに、この言葉がピックアップされたのは当事者の立場に立って考えてないからで、犬や猫や下等であるという意味では全くなく、「今、比較するものではない」、ということだと思います。

    例えば、死産した人に、または、子どもが交通事故死した人に、「うちもペットが死んで・・・」と言っても意味がないのです、“言う意味がない”ということです。その人は不幸な出来事を聞きたいわけではないのです。わたしも辛い思いしたことあるよ、ということを表現するために比較例をだす人がいるのかもしれませんが、その人が辛い思いをしたという事実を受け止める言葉が良いと思います。
    私も犬飼ってましたし、今も愛するペットがいます。家族だと思っててお墓にも一緒に入りたいけど、それはあくまで自分サイドのことです。
    相手の立場に寄り添って言う言葉ではないってことですね。

  3. 2014年10月4日 at 09:51

    はじめまして。
    ブログをいつも拝見させていただいております。

    納得しました。
    相手に寄り添うことは自分の中の永遠のテーマと強く思っています。

    私は流産でしたが、ここに挙げられた言葉すべてを周りの方からいただき、傷つき、心が硬直化していくのを感じました。
    少しだけカウンセリングをかじっているので、当時、自分のためにもと思い、グリーフカウンセリングの勉強をしました。ただ、私が学ばせていただいた時、その講座では、流産、死産はグリーフとして受け入れられておらず、講師や生徒からの扱いも軽く、とても悲しい思いをし、勉強をやめてしました。
    流産、死産のグリーフカウンセリングがそのときよりも進んでいるのかなと思い、少し安堵しています。

    映画「うまれる」は、以前より興味がありますが、これまでの自分の状況を踏まえると、観るのをためらう映画です。いつか、いろいろなことが落ち着いた時に、観たいと思っています。

  4. hibiki
    2014年10月6日 at 12:49

    akimamayさん
    コメントありがとうございます!
    私もグリーフケアを学ぼうと調べたとき、死産・新生児死亡は当てはまらない講座が多く、例えば親や家族の自殺、親や夫の死が主でした。
    やはり、流産・死産は人の死の中で軽く見られがちで、どうしてなんでしょうね、「この世に産まれる前」と考えられてしまう。
    私たちにとってはもう命なのですけどね。
    それを理解すれば「若いから次がある、早く忘れて」なんて言葉は絶対に言わないはず。akiさんも、当時周囲からたくさんつらいことを言われて、心が硬直化してしまったと書かれてますが、その当事者の気持ちが発信されることは今まで少なかったと思います。なので、よかれと思った失礼な言葉が飛び交っている。医師さえも・・・
    徐々に変わってはきていると思いますが。

    私はケアをすると共に、当事者として発信もしていく必要があると感じています。もう自分は二度と同じ経験はしたくないけれど、年間2万人の赤ちゃんが死産をしているそうです。次の方たちが少しでも傷つかないために。

    映画「うまれる」は実は私も気持ちの整理がつかなくて、見るチャンスがないままです。今なら見れるかな・・・?

Comments are closed.