イベントお知らせ10月30日@港区「流産・死産を乗り越えて 」

(イベントのお知らせです)
死産を経験した当事者としてMoliveさん主催のイベントに登壇します。
いろいろな場で不妊関連の講演、体験談をお話させていただいてますが、
死産1年後に死産の体験を話した時、思いがけず涙が止まらなくなってしまいました。
今回はしっかりと参加してくれる方に届けたいと思います。

講演の後にお話会も用意しています、参加型のイベントです。


「夫婦の困難 どう乗り越える? 第2回 流産・死産を乗り越えて ~当事者の立場から・支援者の立場から~」

日時:2016年10月30日(日)12時40分開場 午後1時~4時

会場:港区立男女平等参画センター ”リーブラ” 2階 学習室C、D1、D2
(港区芝浦1-16-1  URL: http://www.minatolibra.jp/  地図はご案内の最後に掲載)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-10-22-05

詳細はMoliveのHPへ
http://molive.biz/?page_id=6893

受付開始:2016年9月30日(金)から

 

1部:講演(1時~2時20分)
・石井慶子 先生(お空の天使パパ&ママの会(WAIS)代表 / 聖路加国際大学客員研究員 / ART岡本ウーマンズクリニック生殖心理カウンセラー)
・池田麻里奈 先生(コウノトリこころの相談室 / 不妊カウンセラー)
・永森咲希(不妊カウンセラー / キャリア・コンサルタント / 産業カウンセラー / 家族相談士)

2部:お話し会(2時30分~3時50分)
ひとりで考えず、同じ経験をしている人たちと一緒に、他の人にはなかなか話せないような流産・死産のこと、お話しなさってみませんか。安心できる空間で、10人前後の小グループに分かれていただき、進行役は心理学を学んだ者が担当します。

◇ 定員
45名

◇ 参加費
無料

◇ 対象
1部の講演:① 流産・死産の経験者(おひとりでもご夫婦でも・子どもをあきらめた方も含む)
② その家族  ③ 妊娠を望む夫婦  ④ 医療関係者  ⑤ 支援者
2部のお話し会:流産・死産の経験者で妊娠を希望する方、不妊治療中の方、子どもをあきらめた方(おひとりでもご夫婦でも)

◇ 申込先
タイトルを「10月30日講座申込み」とし、下記の必要項目と、1部のみ参加か、1部2部共に参加かを記入の上、Eメールにてお申込みください(担当:永森)。
Eメール:saki.nagamori@molive.biz

妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー