トンネルを抜けて〜養子という選択

家族ってなんだろう・・・

自然に妊娠したらきっとこんなことは考えなかったかもしれません。

 

今、小学生に「家族」を問うと、ペットは家族と答えるそうです。

背景には一人っ子で、両親が共働きが多く、ペットと過ごす時間が多くかけ替えないのな存在なんだそうです。

すでに血縁関係ではないですね。

 

ペットと人間は違うと思う人がいるかもしれまえんが、私は一緒に過ごした「時間」だと思います。血がつながっているからって自然にラポール(信頼関係)が形成されるわけではないですよね。

もっとも、夫婦も血のつながらない家族です。

「トンネルを抜けて〜養子という選択」というコーナーにコウノトリの会で行っている養子縁組セミナーのことが少し掲載されました。

「不妊の人は養子をとればいいでしょ」このように他人は簡単に言います。

でも、心を置き去りにこの制度は利用できません。話し合う場としてこれからも提供し続けていきたいと思います!!「血縁なくても家族」という素敵なタイトルの丁寧な取材をしてくれた産経新聞の柚原さんに感謝いたします。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

EPSON MFP image
EPSON MFP image
妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー