3月27日「不妊治療やめどき会」開催!

チラシ拡大

(3月のみんなで語るコウノトリの会お知らせ)

テーマは「不妊治療やめどき会」です。

 

不妊治療を始めたけれど、いつまで続ければいいのかな・・・

子供は欲しい、でも治療はつらい、挟まれて揺れる心。

夫婦ふたりの生活ってどんな感じなんだろう、どんな風に気持ちの整理をつけて進むの?

そんな想いをみんなで話しませんか。

 

やめどき会に参加してから、「もうちょっと不妊治療を頑張ってみようと思いました」という人もいます。決して”やめるための会”ではありません。悩んでいるという同じ境遇の方々で話すことで自分の気持ちに気づくことがあり、それを大切にする会です。

 

「不妊治療やめどき会」

3月27日(月)18時から20時

場所:港区白金台

参加費:3000円(リピーター2000円)

定員:5名

対象:やめどきを考えている女性or夫婦

 

4月のコウノトリの会は「妊活モヤモヤワークショップ」です

みんなで語るコウノトリの会では不妊や家族にまつわるプライベートなお話をいたします。安心して話せる場所作りのためお約束を設けています。ご理解の上、皆様のご参加お待ちしております♬

コウノトリの会のお約束

1、ここで話した内容は個人が特定されるかたちで他の人に話さない。

2、それぞれに背景があります、それぞれの考え方を尊重しましょう。

ルイボスティを飲みながら当事者だけで語る“前向きな“少人数の会です。

過去の「不妊治療やめどき会」参加者さんの感想
・治療を辞める=子どもを諦めることは簡単ではなく、描いていた未来の家族像を修正していく作業は、夫婦ふたりで1つ1つやるしかないんだと再認識しました。
・治療のやめどきを意識せざるを得なくなっておりましたが、まだ病院通いやめられていません。
いろんな方々とお話をし、今はたくさんしゃべり過ぎてノドが痛いです(笑)ノドが痛くなるほど、熱心に熱弁できた事を嬉しく思います。
・今回、苦しみや悩みをみなさんとの共有する場を得たことで、一人で孤独で、冷えて硬くなっていた心にも動きが出たようです。

 

(コウノトリの会のお申し込みは下記からお願いします)

妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー