不妊治療にも卒業証書ほしいな

卒業式シーズンですね。

道行く人が平日なのに華やかな袴姿、うっかり成人式?結婚式?って思ったら卒業式でした。子育てしていないと旬な話題に乗るのも一足遅いです。

 

「卒業」って美しいイメージがありますよね。あとは、そこにうしろ髪をひかれながらさよならを言う名残惜しさ。

最近は会社を辞める時も「卒業」っていう人がいて・・・AKBみたい。たしかに退職や転職、脱会よりも卒業というと、なんだか晴れ晴れしい門出。

 

「戦いからの卒業♪」って尾崎豊は歌ってました。アラフォーならわかるよね・・・

不妊治療は、まさに戦いです。尾崎さん、戦いからの卒業はいつ来るのでしょうか。決めてくれるならすごい楽なんですけど。

 

「卒業おめでとう」って何がおめでたいのでしょう。

それは、きっと、学生たちが日々学校に通って、紆余曲折しながら友達を作り、交流し、協調性を学び、テスト勉強を含め、いろいろな努力を重ねた年月がそこにあります。その年月をがんばって過ごしたことに、やりきったことにおめでとうだと思うんです。

大事なのは結果ではなく、プロセスです!

 

そういえば、不妊クリニックで妊娠して産婦人科に転院するとき「卒業」って使いますね。

妊娠する人のうしろには同じくらいの妊娠しない人がひっそりいます。妊娠せず治療を離れる人にも、今日までの日々お疲れ様でした、長い間がんばったという卒業証書があってもいいよね。

 

 

あなたは雨の日も風の日も不妊クリニックに通ってきました。

涙を流した日、数えきれません。悔しい思いをした日、数えきれません。

落ち込んでも、くじけそうになっても、夫婦でズレがあっても、

なんとか前向きに、ただひた向きに赤ちゃんを授かることだけを胸に、がんばってきました。

長い間お疲れ様でした。不妊治療の過程を修了したことを証する。

 

なんちゃって卒業証書でした・・・

 

3月のコウノトリの会は「不妊治療のやめどき会」。まさに卒業のことを語ります。

 

3月27日(月)18時から20時

場所:港区白金台

参加費:3000円(リピーター2000円)

定員:5名(残席2名)

対象:やめどきを考えている女性or夫婦

詳しくはコウノトリこころの相談室

二人の生活を想像してみたり、

どうしたらやめることができるの?諦められるの?

悲しい作業で、いままで避けてきたことかもしれません。ひとりではしんどいけれどやめどきを考えている当事者同時で話してみませんか。

いままでのご自身の不妊生活を振り返る場にも使っていただきたいです。

 

=====追記=====

このブログを書いた後に、子どもを授からず不妊治療を終える患者さんに卒業証書を用意しているクリニックが岡山県にあるという情報をいただきました。(鹿児島のM先生ありがとうございます)

子どもを授かって卒業する時に小さな儀式を設けているクリニックはお見かけしますが、授からずして去るときこそ何か目に見えるものがあると、自分の中に「区切り」がつけやすいですよね。「今までの自分お疲れ様」という気持ちを素直に受け入れる助けになると思います。きっと戦場という名のクリニックからの卒業証書は、これからの二人の人生の支えになってくれるでしょう。岡山のクリニックさん、いいな〜。

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へにほんブログ村にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ

妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー