yahooニュース特集「妊活クライシス」男女の意識差が夫婦の危機に

本日のyahooニュース特集は「妊活クライシスー男女の意識差が夫婦の危機に」です。

この取材にはコウノトリこころの相談室のクライエントさんお二人に協力してもらいました。極めてプライベートなお話を語ってくださいまして本当にありがとうございます。ご夫婦で仲良く前向きに妊活に取り組んでますが、あえて夫婦のズレを感じている部分を話していただきました。妊活の経験のある方は同じような気持ちのズレを多かれ少なかれ感じているのではないかと思います。良かれと思ってかけた言葉がまさかズレてるなんて…、妊活中、どんなことを相手が思っているの?生殖心理カウンセラーの平山先生のコメントもありますので、ぜひ読んでみてください。

そして、クライエントさんの気持ちを大切に扱ってくれて、記事にしていただきありがとうございます。

 妊活中の人同士で「気持ちわかる」「私も」と共感しあうことは、とっても大事で救いになるんですけれど、妊活をしてない、不妊ではない人にちょっとでもわかってもらえたり、優しい言葉をかけられると、嬉しさはひとしおです。それだけ理解されない中で生活しているってことかな・・。

もうひとりの男性当事者としてコメントしている常見さんも記事を書いていますので、男性はこちらも参考にしてみてください。もちろん女性が読んでもとても共感できるものです。
「お子さんはまだですか?」と聞かないで 「妊活クライシス時代」の流儀

妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー