この世はサクセスストーリーばかり

Fineのメンバーとして書いている「不妊のホンネ100連発ブログ」の20回目をアップしましたー!

今回は「この世はサクセスストーリーばかり」です。

 

「〇〇を乗り越えて」というサクセスストーリー好きですよね。
ただ、そんな言葉を聞くたびに、それは本人が言ってるならいいけれど、周囲が勝手に乗り越えたとか決めない方がいいし・・・と思ってしまう。

それに病気とか、不妊とか死産とか、その悲しみが終わることはないので乗り越えるってないと思っています。

「乗り越えてほしい」という周囲の願いはわかるけれど、乗り越えてすっかりそのことがチャラになったように言われると、例えば死産だと、その子はその子なので、違和感がある。

今普通に笑って生活している身だけど、やっぱり子どもが授かれない思いや死産で赤ちゃんを失ったことは乗り越えたとは思えないなので。そんなこと書いてます。

 

イベントのお知らせ

妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー