本日の朝日新聞「励ましが悲しみ深めることも」コメントが掲載されました。

本日の朝日新聞に「流産や死産、励ましで苦しむことも」の記事が掲載されました。(デジタル版の配信は8/30)
この記事のアンケートは5月28日に開催したWAKOMO会のイベント「流産・死産の悲しみについて」の参加者さんにご協力いただきました。ありがとうございます。
前編は永森、池田が、後編は石井がグリーフケアを行うカウンセラーとしてコメントしています。(後編は明日掲載です)

 

励ましのためとはわかっていても、周囲からの言葉に傷ついた経験を書いてくれました。男性の意見も貴重です。

しかしながら、流産、死産した人に周囲はどんな言葉をかければ良いか戸惑いますね。ではどうしたら良いの、自分の思いとは違う言葉を言われたらどうすれば…という内容も含んでおりますので、悲しい経験をされた方のご家族ご友人、同僚など周囲の方にも読んでいただけると幸いです。

「流産や死産での励まし、かえって悲しみ深めることも」
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK8Z5R2SK8ZUBQU017.html
「流産、医師の言葉で傷 「ハズレくじ、ひいたと思って」
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK8S64CFK8SUTFL00Q.html
妊活をきっかけに幸せの価値感が180度変わり家族の意味を考え直す。血のつながり、赤ちゃん養子縁組、子どもの人権に関心をもつ。現在不妊に悩む当事者支援をすると同時に、大学で「命を考える」をテーマに講義を行い、次世代に妊娠の正しい知識を伝えている。2013年、妊活・流死産・養子縁組相談の「コウノトリこころの相談室」を開く。日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー/日本家族カウンセリング協会認定家族相談士/Fine認定不妊ピア・カウンセラー/ジネコ協力アドバイザー